発達障害とは、脳機能の発達の偏りによる障害です。生まれつきの脳機能の違いが原因で、コミュニケーションや対人関係、学習、行動などに困難が生じます。

発達障害は、大きく分けて以下の3つのタイプに分けられます。

自閉症スペクトラム症(ASD)

自閉症、アスペルガー症候群、非定型自閉症などを含む障害です。社会性やコミュニケーションの障害、興味や関心の偏りなどが特徴です。

注意欠陥多動性障害(ADHD)

注意力や集中力の維持が困難で、多動や衝動性などの行動のコントロールが難しい障害です。

学習障害(LD)

読み書き、計算、言語の理解などの学習に困難が生じる障害です。知的障害がないにも関わらず、学習に困難が生じるため、学習障害と呼ばれます。

発達障害の原因は完全には解明されていませんが、遺伝や環境要因の両方によって引き起こされると考えられています。

発達障害は、外見からは分かりにくいため、周囲の人から誤解されやすい障害です。そのため、発達障害の理解を深めることが、発達障害のある人への支援につながります。

発達障害の特徴は、以下の3つにまとめられます。

社会性の障害

他者との関わり方やコミュニケーションに困難が生じることです。たとえば、相手の気持ちを理解することが苦手だったり、相手の言葉や行動の意図を読み取るのが苦手だったりします。

コミュニケーションの障害

相手の意図を理解したり、自分の意図を相手に伝えたりすることが苦手なことです。たとえば、言葉や表情、身振り手振りなどを使ったコミュニケーションが苦手だったり、自分の考えや感情をうまく伝えることができなかったりします。

想像力の障害

他人の立場に立って考えたり、物事を想像したりすることが苦手なことです。たとえば、他人の気持ちを理解するのが苦手だったり、物事を多角的に考えるのが苦手だったりします。

発達障害のある人は、これらの特徴によって、日常生活や社会生活において様々な困難を抱えることがあります。たとえば、学校や職場での人間関係の構築が難しい、勉強や仕事がうまくできない、適切なコミュニケーションが取れないなどの困難が生じることがあります。

発達障害の支援には、以下のようなものがあります。

  • 療育

発達障害の特性や困難を理解し、それを改善するための支援です。

  • 教育支援

発達障害のある人が学校生活を送るための支援です。たとえば、特別支援学級や通級指導教室での学習支援、学習上の配慮などが提供されます。

  • 就労支援

発達障害のある人が就職・就労するための支援です。たとえば、職業訓練や職業紹介、就職後のフォローアップなどが提供されます。

発達障害は、早期に発見・支援することが大切です。発達障害の特性や困難を理解し、適切な支援を受けることで、発達障害のある人も社会の中でいきいきと生活することができます。